脂肪吸引 メソセラピー ボトックス注射(足痩せ・美脚・足の多汗症)

メインビジュアル

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-8-16

お問い合わせ03-3460-0021

ボツリヌストキシン注射(足の多汗症) foot-botox

施術について

足の裏や手のひらは意外に汗をたくさんかきます。緊張すると特に汗をかいたり、冬のブーツで足のにおいが強くなったり。
そこで、汗をかく筋肉の動きを麻痺させるたんぱく質(ボツリヌス菌の一種)を足の裏に注射する『ボツリヌストキシン注射』。
足の裏にボツリヌストキシンを注射するだけなので、施術は約10分。 効果は個人差もありますが、半年~1年程度。
繰り返し注射を行うことで汗の分泌腺そのものの働きが弱まり、持続期間が長くなったり、効果が出やすくなっていきます。

施術の流れ

施術の流れ

 

※ 効果は1,2週間で効き始め、6~9か月持続します。
※ 1か月後にフォローアップの診察を予定しています。

施術料金について

MENU価格 
  • 両足裏
    ¥80,000(税別)
  • ブロック麻酔
    ※ 通常麻酔ゼリークリームを使用しますが、ご希望の場合は足関節のブロック麻酔の追加も可能です
    ¥5,000(税別)

※ 金額はすべて税抜き価格です。

リスク・副作用・合併症について

内出血

ボツリヌストキシン注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えていきます。 注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入ったり、激しい運動はしない、お酒を飲みすぎないようにしてください。
また注射した部位に必要以上に触らないようにしてください。

 

 

 

妊活・妊娠・授乳中の方への施術はできません

ボツリヌストキシンは妊娠中の胎児への安全性や授乳中の乳児への安全性が100%確保されていないため、妊活、妊娠、授乳中に注射することはできません。
・妊娠する可能性のある婦人は、投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊する。
・男性は、投与中及び最終投与後少なくとも3ヶ月は避妊する。
と薬剤の添付文章に記されています。

 

 

 

筋力の低下

注射後にはふくらはぎの筋力がわずかに弱くなる可能性があります。
ふくらはぎが太くなっている原因である筋肉(腓腹筋とヒラメ筋)をターゲットにボツリヌストキシンを注射すると、ボツリヌストキシンの作用により、部分的に筋肉が麻痺し、廃用性萎縮により細くなっていきます。
そのため、ボツリヌストキシンの効果が現れてくると、わずかに筋力が落ちることになります。
ただ日常生活に大きな支障が出るほどのものではありませんのでご安心ください。

アフターケアについて

施術後の入浴について

細い注射針で行うため、腫れはわずかですし、痛みもほとんどありません。 しかし治療当日に熱いお風呂に長時間入浴したり、サウナや岩盤浴などをすると、血行が良くなることにより、多少腫れてくることがあります。
場合によっては、注射直後はほとんど腫れていなかったのに、内出血が生じて、青くなってくることもあります。 そのため、注射した当日は身体が温まりすぎないように、軽めのシャワーをおすすめします。

 

 

 

施術後の運動について

注射した当日は激しい運動は控えていただくようおすすめします。
激しい運動をして、血流が良くなると、針を刺したところが、多少腫れてくることがあります。
場合によっては、注射直後はほとんど腫れていなかったのに、当日に運動することにより、内出血が生じて、青くなってくることもあります。
普通に歩いて帰ったり、家事をしたりする動作くらいは問題ありませんので、自分の身体と相談しながら運動するようにしてください。

その他 注意事項について

抗凝固薬、抗血小板薬について

狭心症や慢性動脈閉塞症の方、脳梗塞や心筋梗塞の既往のある方、心房細動のある方は、抗凝固薬や抗血小板薬を医師から処方され、内服していることがあります。
これらの薬は、出血したときに血液を固めて血を止めるために働く凝固因子や血小板の働きを抑制する薬であるため、服用されている方は、手術中や手術後に血が止まりにくい状態になり、必要以上に腫れたり、出血多量などのリスクがありますので、必ず事前に医師にお伝え下さい。

 

 

 

効果の現れ方・持続について

ボツリヌストキシン注射(足の裏の多汗症)汗を分泌する腺の筋肉に廃用性萎縮を起こし、汗をかきにくくする治療です。
ボツリヌストキシンを注射すると・・・
1週間後くらいから徐々に廃用性萎縮が始まり、2週間後に汗が減ってきたのが実感できます。
4~8週間後くらいには効果が最大限に現れていることが多く、その後しばらく最大限の効果が続きます。
注射後4~6ヶ月くらいには徐々に効力が弱くなり、それに伴って汗をかくようになってきます。
注射後7~10ヶ月後くらいには、筋肉はリハビリを完了し、元に戻ります。
ただし、注射してから6ヶ月以上経過して活性がなくなっても、注射する前ほど汗をかかなくなっている方もいらっしゃいます。
1年後の状態でも、最大限効果が現れていたときの3~4割くらいの効果は残っており、効果は半永久的に残ります。
そのため、ボツリヌストキシン注射は5~6回くらい注射すると、もう注射しなくても最大限に効果が現れていたときの状態に近い状態を維持することができます。
その場合注射の間隔は、活性が低下し始める3~6ヶ月くらいが最も効率的です。

医療法人社団青泉会 下北沢病院 足の美容外科外来

155-0031
東京都世田谷区北沢2-8-16

  • 渋谷より井の頭線「下北沢」駅下車 徒歩5分
    新宿より小田急線「下北沢」駅下車 徒歩5分

  • お問い合わせ03-3460-0300

診療時間
-
-

診察:奇数週(毎月1、3週)土曜日  9:00-11:00
施術:奇数週(毎月1、3週)土曜日  14:00-16:30